2023年春開業!幕張豊砂駅周辺のみどころ

2023年春開業!幕張豊砂駅周辺のみどころ

駅のみどころ
2022.06.27 2022.06.27
EKIMAG

2021年10月、京葉線で計画されている新駅の名称が決定しました。その名も幕張豊砂駅。幕張新都心の西側に位置し、駅舎建設予定地のすぐ横には、イオンモール幕張新都心やコストコ幕張倉庫店などの大型商業施設が隣接しており、従来のアクセスからの利便性向上と、京葉線全線開通以来30年ぶりの新駅となることから注目が集まっています。現在2023年春の開業を目指し、工事が急ピッチで進められていますが、そんな幕張豊砂駅のみどころを開業前に先取りしてご紹介します!

県内10年ぶりの新駅・幕張豊砂駅とは!?

幕張豊砂駅は2023年の春に開業予定の新駅で、新習志野駅海浜幕張駅の中間に設置される予定。駅構造は2面2線となる予定ですが、上下線でホームの位置が異なり、上り線が高架、下り線が地上に設置されます。これは当駅に隣接する京葉線の車両基地・京葉車両センターから新習志野駅への出庫線の配線が関係していることから、このような構造となるようです。
また駅舎は南側(海側)に設置されますが、北側へ連絡する自由通路も設けられ、イオンモールやコストコ以外にも、北側にある千葉運転免許センターへのアクセス向上も期待されています。

幕張豊砂駅パース図

こちらはイオンモール横の建設現場にある完成パース。元々もバスロータリーがあった場所ですが、自家用車の乗り入れもできるようになるようです。左側は現在ループとなっており、ペットモールの駐車場入口となっていますが、こちらの処遇がどうなるのか気になります。

また開業前の現在、周辺へのアクセスは海浜幕張駅が最寄りとなっており、バスも100円で利用できるなどの対策が取られています。

国内最大規模のショッピングモール イオンモール幕張新都心

グランドモール

京葉線では開業以来初となる請願駅となる幕張豊砂駅。その設置にきっかけともされているのが、駅の目の前すでに営業しているショッピングモール・イオンモール幕張新都心。4つの建物・エリアから構成され、約12万㎡にも及ぶ広大な店舗面積は、全国トップレベルの広さを誇ります。
その中でも一番大きいグランドモールは、直営店のイオンスタイルをはじめ、レストランやフードコート、ファッション・ホビー等の各種ショップが集まる、モール内でも総合的な役割を担っています。建物に面して広がる庭園・グリーンウォークや、屋外ステージ・グランドスクエアなど、建物外にもみどころが満載です。

ペットモール

グランドモールと東側で接続するペットモールは、その名のとおりペットショップに特化したエリア。屋外にはドッグランがある他、1階にあるドトールコーヒーショップは、ペットとの入店が可能です。

ファミリーモール

モール内で駅と最も近い場所で隣接するのが、最東部に位置するファミリーモール。子供向けの店舗が集まるエリアで、屋内型アスレチック・トンデミや体験型テーマパーク・カンドゥ、水遊びができる噴水広場など子供たちが楽しいスポットが満載。トイレもキッズ用のものが用意されていたり、ベビールームも充実しており、まさに親子にやさしいエリア。そのためかモール内の駐車場の中でも、ファミリーモールの駐車場はいち早く満車になります。先述のとおり、駅舎と最も近い場所に位置することから、今後さらに賑わうエリアとなるでしょう。

アクティブモール

最後にご紹介はファミリーモールと接続するアクティブモール。スポーツ用品店やサイクリング、アウトドアなどに特化した専門店が集まり、3on3ができるバスケットコートや、テニスコート、フットサルコートの他、各種スポーツが総合的に体験できるテーマパーク・レジェンドスポーツヒーローズなど、実際にプレイできる施設も充実しています。

コストコ最大規模の店舗 幕張倉庫店

コストコ幕張倉庫店

イオンモール幕張新都心・ペットモール横には、会員型ストアとしてその名を轟かせたコストコ幕張倉庫店があります。現在は全国に展開しているコストコの中でも、最大の売り場面積を誇る他、首都圏初出店となった当店。その人気は今でも健在で、駐車場は終日即座に満車。その影響で店舗前の道路では大渋滞が起こっています。コストコ店内は残念ながら撮影禁止となっており、その様子をお伝えすることはできませんが、店内に入るとまず2階へ上り会員証をチェック。2階フロアは雑貨フロア、1階が食品フロアとわかりやすい棲み分けがされています。また2階から1階へ下ると、2階フロアへは戻れませんのでご注意を。

ホットドックとドリンクバー
ホットドッグ(ドリンクバー付き)180円

また幕張倉庫店は、フードコートが唯一屋外に設置されており、各フードメニューが破格で購入することができます。そんな魅力のメニューを一部ご紹介します。まず写真上のボリューミーなホットドッグはなんとおかわり自由のドリンクバーが付いてななななんと驚きの180円!しかもドリンクバーのカップサイズはマクドナルドのLサイズに匹敵するビッグサイズ!さらにこれに各種ピザ(320円)を頼んでも500円!ワンコインでお腹いっぱい食べれちゃいます。

ハンバーガー

こちらのハンバーガーは単品で680円。少しわかりにくいのが申し訳ないのですが、これでクアアイナのハンバーガーくらいの大きさがあります。ポテトがなくともお腹を満たしてくれるボリューム満点メニューです。

幕張倉庫店のフードコートは屋外にあることから、非会員でも購入ができるのが魅力のひとつでしたが、2022年6月現在は残念ながら会員証の提示が求められ、会員のみの購入が可能となっています。
会員になった暁に、もしくは会員のお友達と一緒に訪れた際は行かないと損です!

幕張豊砂駅周辺のみどころ

豊砂公園

イオンモールやコストコの他、周辺のみどころとしてご紹介したいのが、グランドモール前に広がる豊砂公園。リニューアルを経て2022年4月には遊具広場がオープン。たくさんの遊具が子供たちに大人気の様子でした。また週末にはよくイベントも開催されています。

さくら広場

最後にご紹介は駅の予定地すぐ横にあり、車窓からも見ることのできるさくら広場。32,000㎡の敷地内はすべて桜の木に埋め尽くされており、その数はなんと505本。敷地自体はパナソニックが所有しており、環境や地域のための有効活用を目的に、一般開放もされています。ちなみにこのさくら広場の西側がちょうど市境となっており、幕張豊砂駅側が千葉市美浜区。さくら広場を含めた西側は習志野市となります。

また他にも、海浜幕張駅周辺を含めた幕張新都心界隈はいろんなみどころがいっぱいあるので、こちらも併せてチェックしてみてください!

まとめ

開業まであと少しということで、工事も着々と進み、期待も日に日に高まる幕張豊砂駅。駅の躯体は見えてきているものの、完成にはまだもう少しかかりそうですね。どんな姿になるのか楽しみで待ち遠しいですね。
また来年で開業10年を迎えるイオンモール幕張新都心も駅の開業によってまた新たな需要が見込まれ、今後もその規模も勢いも衰えることもなさそうです。周辺にはその他魅力的な商業施設もありますので、またそれは開業時にまとめてご紹介させていただきたいと思います。

駅のみどころのえきマガ

Category Posts