さいたま新都心駅周辺 ―大宮と浦和の間に現れた、未来を担う新しい街―

さいたま新都心駅周辺 ―大宮と浦和の間に現れた、未来を担う新しい街―

埼玉県
2022.05.29 2022.05.29
SAITAMA-SHINTOSHIN

埼玉県さいたま市。2001年に誕生した政令指定都市として10区もの行政区を有し、京都市に次いで9番目の人口数を誇る大都市へと生まれ変わりました。その中でも特に人口の多い中央区大宮区の境にあるのがこのさいたま新都心駅。その名の通り埼玉の新たな都心部として開発が行われた地域で、さいたま市が誕生する少し前の2000年に開業した比較的新しい駅です。JR京浜東北線の他、中距離路線の高崎線宇都宮線上野東京ライン系統のみ、湘南新宿ラインは通過)も停車する規模もそれなりに大きい駅となっています。そんな期待度大なさいたま新都心駅の周辺は、ご想像の通り洗練された、近未来を彷彿とする高層ビルや大型ショッピングモール、新興住宅地が広がります。また今ではすっかり大型イベント会場として有名になった、さいたまスーパーアリーナの最寄り駅ともなっています。今回はそんなさいたま新都心駅の周辺を巡っていきたいと思います。

“新都心”に相応しい開放的な駅前の様子

さいたま新都心駅改札口

近代的で開放感のある橋上駅舎が特徴のさいたま新都心駅。改札口は東西の自由通路と接続しています。またさいたまスーパーアリーナの最寄り駅ということもあり、混雑密度の濃淡が激しい駅でもあります。

さいたま新都心駅東口

改札を出て右手の東口はショッピングモール・コクーンシティと接続しており、終日多くの人で賑わいます。デッキの階下はロータリーとなっており、バスやタクシーが発着しています。
駅を少し離れると、わりかし新しい公園や宅地、マンションなどが立ち並ぶ新興住宅地となっており、のどかで閑静な街となっています。

さいたま新都心駅西口

一方改札左手の西口は、穏やかな東口とは打って変わり、高層ビル群が立ち並ぶ近未来的な街並みが広がり、埼京線の北与野駅付近まで続きます。この先には欅の木が沢山植えられたけやきひろばがあり、その先にあるがさいたまスーパーアリーナ。イベントなどが行われる日には、多くの人が列をなしています。

広大なモールが駅前に!周辺の商業施設

駅前の商業施設として代表的なのが、前述でもご紹介した東口と直結するショッピングモール・コクーンシティ。元々は片倉工業という製糸会社の工場があり、生糸の原料となる「繭」からその名が付けられました。
施設は大きく分けて4つの建物から構成されており、駅に直結しているのがコクーン1。紀伊國屋書店やシネコンなどが核店舗となっています。

道路を挟んで奥にあるコクーン2。コクーンシティの前身ともなる大宮カタクラパーク時代よりあったイトーヨーカドーが核店舗となり、駅前のスーパーマーケットとしては唯一となります。

コクーン2のお隣、コクーン3にはヨドバシカメラが核店舗として入ります。

さらにその横、駅からほど近い場所にあるパークサイドビルはカタクラパーク時代の面影を残す唯一の建物。マクドナルドやデニーズなどの飲食店が半数以上を占めます。

あのファッションブランドの本社も!?駅周辺のみどころ

さいたま新都心駅周辺はオフィスビルもとても多いですが、中でも注目すべきがこちらのファッションセンターしまむらの本社ビル。そう、さいたま新都心はUNIQLOやGUなどと並んで、ファストファッションブランドの一角をなすしまむらの本社所在地なのです。その本社ビルの横には店舗もあり、しまむらの他系列のバースデイやアベイルも入る大型店舗となっています。

しまむらの本社ビルの横に、公園のビジターセンターのような建物がありますが、こちらはなんとバスターミナル。さいたま新都心バスターミナルは、リムジンバスや各地方を結ぶ高速バスを中心とした路線が発着しています。

東口横を通る線路沿いの道を、大宮方面へ進んでいくとそれはそれは立派な鳥居。氷川神社一の鳥居は、東京や埼玉近辺に多数ある氷川神社の総本社・大宮氷川神社へと続く一番最初の鳥居で、ここから約2kmに渡って参道が続いていきます。

県を代表する巨大イベント会場・さいたまスーパーアリーナ

さいたまスーパーアリーナ

数多くの見どころがあるさいたま新都心駅周辺ですが、特に目玉の施設となるのがご存じの方も多いであろう、たまアリの愛称で親しまれているさいたまスーパーアリーナ。2000年の開業以来数々のイベントが行われてきた、今や日本を代表するアリーナへとのし上がり、コンサートのみならず格闘技や各種スポーツの試合、屋内フェスなども行われています。その収容人数も催されるイベントによって変えることができ、最大で3万人超が収容可能です。

さいたまスーパーアリーナ周辺

取材で訪れたこの日もちょうどフェスが行われた日・・・というより、筆者もしっかり参戦してきてました(笑)VIVA LA ROCKが行われていました。会場周辺にグッズ販売のテントなどが置かれ、けやきひろばでは飲食コーナーが置かれていました。

またアリーナの東側にはさいたま新都心駅がありますが、西側には新幹線埼京線がすぐそばを通り、もう一つの最寄り駅として北与野駅があります。

まとめ

埼玉県の新しい新都心として、高層ビルから大型商業施設、住宅地の開発が行われ、開業から20年。すっかり都心としての機能を十分兼ね備えた街、さいたま新都心。大宮駅浦和駅という県でも1、2を争う主要駅の間に立地するも、さいたまスーパーアリーナという巨大アリーナの存在が、駅の知名度も一気に向上させたのは過言ではないでしょう。

開発のほうは一段落しているような雰囲気ですが、周辺の宅地開発や大型施設などの移転等はまだあるかもしれません。今後も街の発展に目が離せません!

埼玉県のえきレポ

Prefecture Posts