【千葉公園駅周辺を歩いてみた】癒やしと憩い、ツリーハウスが楽しめる街

【千葉公園駅周辺を歩いてみた】癒やしと憩い、ツリーハウスが楽しめる街

千葉県
えきまえふぁん
2020.09.07 2021.05.17
CHIBA PARK

千葉駅から千葉都市モノレールで1駅目にある「千葉公園駅」。
その名の通り「千葉公園」の最寄り駅となっています。

蓮や桜の名所としても知られている千葉公園ですが、周辺には千葉競輪場や体育館などのスポーツ施設もあります。
さらにモノレールの車窓からはツリーハウスが見えるとか。。。?

今回はいろいろ気になる要素が多そうな、千葉公園駅周辺を探索してみたいと思います。

桜と蓮の名所 千葉公園

それでは駅を降りてみましょう。

千葉公園の入口

まず見えてくるのは、その名の通り「千葉公園」の入口。
駅舎は千葉公園東門の前にあるので、徒歩0分アクセスとなっています。

千葉公園 綿打池

東門を左方向に進んでいくと、まず目に飛び込んでくるのはとても大きな池。
こちらは公園のシンボルともなっている「綿打池」。
モノレールの車窓からも一望することができ、市民の憩いの場となっています。
池のほとりには様々な種類の桜の木が植えられており、春になると満開の桜が池のまわりとピンクに色づけます。

また池ではボート遊びが楽しめるほか、カフェも併設されているので、池の眺望と緑を楽しみながらいただくコーヒーは癒やしのひとときとなることでしょう。

千葉公園の大賀ハスと蓮華亭

さらに池の西側には、大賀ハスが植えられている池が。
こちらもまた桜と同様に名物となっており、6〜7月の開花時期には、ピンクと白に色づいたキレイな花を咲かせます。

その蓮池のふもとに浮かぶように建てられているのが「蓮華亭」と呼ばれる建物。
大賀ハスの資料館があるほか、売店も併設されており、ソフトクリームや抹茶などが味わえます。

千葉公園 鉄道連隊の遺構

綿打池のモノレール側に行ってみると、何やら遺構のようなものが。
こちらは旧陸軍の鉄道連隊が演習場として使用していた場所で、演習で使用していた橋脚やトンネルの遺構が園内に保存されています。

余談ですが、千葉県は鉄道連隊の演習場がこの千葉公園以外にも多く存在し、その鉄道連隊が敷設した線路を活用して開業された路線が現在の新京成電鉄です。

スポーツ施設や競輪場が隣接する周辺地域

千葉競輪場

千葉公園の一帯は、「千葉競輪場」をはじめスポーツ施設が隣接しています。
競輪場の向かいにある「千葉公園野球場」は、2020年3月を持って廃止されてしまいましたが、跡地には大規模なイベントスペースなどの施設となる予定で、現在は工事が進められています。

また千葉駅から1駅の場所ということもあり、千葉公園の南門は千葉駅から徒歩連絡も可能となっています。(千葉公園口から徒歩5分)

車窓から見える憩いの空間 椿森コムナ

千葉駅からモノレールに乗車し千葉公園駅へ向かう途中、車窓からウッドデッキとアスレチックのようなものがある場所が見えてきます。何やらとてもおしゃれで面白そうな予感が!

椿森コムナ

モノレール軌道下の道路を千葉方面へ歩いていくと見えてくるこちらは「椿森コムナ」というコミュニティスペースで、地元の不動産会社が土地と資材の有効活用と地域活性化を目的に開設された施設となっています。

椿森コムナ

ウッドデッキ調のエントランスを上に上がっていくと、アウトドアライクな休憩スペースと売店が目に入ります。

椿森コムナのツリーハウス

椿森コムナのツリーハウス

そして椿森コムナの目玉と言ったらやはりこれ!「ツリーハウス」です。
2本の大木の上に小さなツリーハウスが建てられ、実際に登ることもできます。
また2020年末のリニューアルの際には、両ツリーハウスを行き来できる吊り橋が設置され、子どもたちの遊び場として親しまれています。

椿森コムナ

エントランス側のウッドデッキもリニューアルの際に増築されたもので、休憩スペースの拡張が行われました。
モノレールもよく見えます。

椿森コムナのフード&ドリンクメニュー
フレンチフライ(390円)、ブレンドコーヒー(330円)、オレンジジュース(390円)※全て税込

トレーラーワゴンを利用した売店では、ドリンクや軽食を販売しており、ハンバーガーやタコライスなどの本格カフェメニューが味わえます。18時以降はアルコールメニューも追加されます。(※2021年1月中は18:00までの営業となっています。)

また週末になると売店の他に本格グルメの出張販売や、スペースを利用したイベントも開催されています。
私も何度か訪問させていただきましたが、そのときは劇団の方々の演劇ショーが開催されており、屋外で見る演劇というのもまた舞台とは違う新鮮味もあって、面白い取り組みですね。

椿森コムナのトゥクトゥク

入場はもちろん無料で、千葉駅からは送迎用のトゥクトゥクが運行されています。

まとめ

四季折々の自然と大きな池が印象的で、カフェも楽しめる千葉公園。
ツリーハウスが子供たちのわんぱく心をくすぐり、カフェやイベントで週末をさらに楽しめる椿森コムナ。
都会の喧騒から少し離れた閑静な佇まいは、まさに癒やしと憩いの街。
少し疲れた身体をリフレッシュさせるには最適なスポットではないでしょうか。

休めるときに、ほっと一息つきに来てみませんか?

えきまえふぁん

千葉県のえきレポ

Prefecture Posts